正しいメンテナンスを行えば十年以上使い続けることも可能

機械式時計は、耐久性の良いパーツが使用されており、定期的にムーブメントの各パーツの注油やクリーニングなど正しいメンテナンスを行うことで、十年にわたり使用し続けられるという利点があります。また、有名な時計メーカーの機器式時計のモデルの中には、飽きがこないデザインが採用されているものや、スーツからカジュアルまで様々な服装に合わせやすいものが多くあり、様々な立場の社会人から人気が集まっています。また、内臓パーツやデザインの種類によって、メンテナンスの方法が難しくなることもあります。そのため、トラブルを避けるうえで、購入前に機械式時計に詳しい販売員の話を聞いて、製品に合った適切なメンテナンスの仕方について理解を深めることが重要です。

維持をするために高額な費用が掛かりやすい

機械式時計は、一般的なクオーツ式の時計よりも耐用年数が長いものの、意地をするために高額な費用が掛かりやすいといったデメリットもあります。特に、高品質の素材が多く採用されている高級モデルについては、オーバーホールを依頼する度に数万円のコストが発生しやすいため、将来的に掛かる費用の相場について早いうちから把握をしておくことが大事です。また、日常的なメンテナンスの一環として、ベルトの長さを調整したり、盤面の傷を取り除いたりするだけでも数千円から一万円ほどの料金を請求されることがあります。なお、なるべく機械式時計の購入後の出費を安く済ませたいという人は、アフターフォローがしっかりとしているメーカーの製品を優先的に選びましょう。